greedy

欲しい物や遊んで楽しかった事をまとめてます。

【見えないからこそコダワリを】ユニークな男性下着特集

   

ここ数年の間に、随分と男性もおしゃれに気を遣うようになりました。スキンケア、エステに通う男性も多い時代です。そしてその流れは、下着の世界にも波及しています。メンズアンダーウェア 男性下着、メンズビキニ・ブリーフ・ボクサーパンツ・Tバックの多彩なバリエーションをお楽しみください

男のアンダーウェア

“ここ数年の間に、随分と男性もおしゃれに気を遣うようになりました。スキンケア、エステに通う男性も多い時代です。そしてその流れは、下着の世界にも波及しています。

今まで、男性下着の代表的な種類は、ブリーフかトランクスの2種類でした、もちろん、日本古来の『ふんどし』などもありました。しかし、今ではトランクスタイプでも、素材やフィット感に特化したものや見せパンとしてデザイン性を高めたものが出てきて、男性下着の世界でも女性並みの型の細分化がなされてきました。”

出典 男性下着の種類について – メンズアンダーウェア・セレクトショップ「ルカノール」

こんなにあるの!?男性下着の種類

ナショナルスタンダード 〜 ブリーフ 〜

bri

whitebriefs

誰もが通る道です。

ブリーフは、股下がなく、多くの場合Y字型をしており、ボクサーやショーツなどとは異なって、体にフィットし、伸縮性があります。
また、スポーツ用に特に機能性を重視して作られたものをスポーツブリーフと呼ぶ。

low
Lowrisebriefs
ローライズになると大分カッコイイ感じになりますぅ

これを履きこなせば上級者!?メンズビキニ

Bikinibriefs
生地は、股上が浅く腰部が狭い。前部は、関節に合わせるように股ぐり部分に角度がついていて、着用者を前から見ると逆三角形の形態となっている。

定番のボクサーパンツ

Boxerbriefs
伸縮性のある化学繊維を使用しているものが一般的で、体に密着するような構造となっている。通常のブリーフを腿部分を覆う程度まで伸ばし、スパッツ状にしたような構造である。
世間一般的に「ボクサーパンツ」と呼ばれるものはこのタイプのものが多い。

常に前へ!攻める男のローライズボクサー

LowriseBoxer

まだまだ根強い人気!トランクス

Trunks
綿や伸縮性のある素材をしようしたものが一般的で、体に密着するような構造で丈が短いものが多い。
国内ではボクサーやショーツのような形状のものを指すが、英語圏ではフィット素材のボクサーブリーフを指している。

セクスィーなオトコのTバック

T-back
現代のふんどしと呼んでも過言ではないだろう

バックスタイルがT字型でカットされたデザインになっており外形がアルファベットのTの字に見えることから、そのように名づけられた。フロントは普通のハイレグビキニの形になっているが、バックはゴム紐か細い布になっており、布が尻間に食い込むため、独特の穿き心地や様々な利点を持つ上、極めてセクシーな進化した下着の一つである。

何だコレは!? ジョックストラップ

Jockstrap
ブリーフやボクサーショーツとは異なり、お尻全体を覆いません。サポートポーチと伸縮性のあるゴム素材の幅広のウェストバンド。お尻のサイドにそって、サポートポーチのベースからウェストバンドに伸びている、2本のヒモでできていいます。サポートポーチには、睾丸を怪我から保護するカップまたはボックスを入れるポケットが付いています。

違いがわかるオトコはそう…タンガスタイル

Tanga
フロントとバックがV字型にカットされ、サイドはひも状にデザインされている。フロントはアンダーヘアを覆う程度のデザインになっており、バックもサイドの幅が狭くなっているのが特徴である。

Stringの名に恥じない一品です。

G-string
フロントがV字型にカットされ、バックとサイドが細いひも状にデザインされている。一般的に生地が薄くて肌に密着した下着であるため、パンツの下でもショーツラインやブリーフラインが全く見えず、アウターに響きにくい機能をもっている。

番外編

詳しくはコチラ↓
男性下着の種類について|LUCANOR – 人気ブランドの男性下着・アンダーウェア・ボクサーパンツ情報サイト

男性下着のお手入れ方法

 - ネタ ,